コーヒー袋にゆめいっぱいつめこんで
コーヒー袋の製造販売に精魂こめて毎日邁進し続けてます
花粉症のたぐい・・・
今年は花粉だけでなく、某国からの化学物質:粉じんの影響がとても気になる感じです。

よく、花粉症には「○○」が効くとか、そういうのを聞きます。


コーヒーの成分(たとえばポリフェノール)は効き目はどうでしょうか



良い情報がおありでしたら、おしえてください。m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
営業日記
 今日も飛び込みの営業に行って参りました。門前払いは当たり前、運が良ければ名刺を置いていける。話を聞いてもらえれば奇跡的だといえるこのお仕事。コーヒー業界に参入したのはよいのだが特に何のコネも人脈も無い幣社が新規のお客さんを見つけるにはこの方法しか無いのだ!そう言い聞かせて今日もがんばっております。
 飛び込み営業の出来事、グチ、感想等書きたいことはたくさんありますので次回から少しづつ書き記していきたいと思います。
関連記事
ドリップバッグのこと
ドリップバッグにはお湯を注ぐ時、カップの上部にひっかけてお湯に浸からないタイプのものと、お湯に浸かっているタイプのものがある。自家焙煎店の方をはじめ珈琲好きの方は前記のお湯に浸からないタイプのドリップバッグを支持する場合が多い。珈琲の美味しさを引き出すにはこのほうが良いらしい。しかし一般的な人、それ程拘らないけどそこそこ珈琲が好きという方は後記のお湯に浸っているタイプのドリップバッグを支持する場合が多いように感じる。理由としてはやはり値段的にも安く自由に珈琲の濃さを調節できるからだ。私もどちらかというとお湯に浸っているタイプのドリップバッグの方が好きです。でも、両方のドリップバッグを比較して本当にお湯に浸らないドリップバッグの方が美味しいということを認識できれば考えが変わるかも・・。
関連記事
250g用のコーヒー袋(バルブ付)
去年くらいから250g用の袋の問合せが多い。幣社の200g用の袋のサイズは「80×50×240」なのですが、これより3㎝深い250g用の袋「80×50×270」を製造しました。近々販売予定です。その他に多い問合せとしてはバルブの取付位置のことだ。他社では袋の表面の中央ライン部にしか取付けられないらしい。幣社では裏面でも取り付けられますので取付位置の自由度は高いかと思います。
関連記事
バレンタイン。。。
明日はバレンタイン。。。

幼稚園年長の娘は去年、チョコを持って行きました。。。


ちょっと、はやいんじゃないの・・・;

今年も持っていくそうで、母親が手づくりしてました(汗。;;

関連記事
最近よくコーヒーが話題になっているような・・
最近、TVでコーヒーがよくとりあげられています。
昔はコーヒーといえばイメージ良くなかったのですが最近は研究が進み見直されたようです。
毎日コーヒーを飲んでいる私にとっては嬉しいことです。またコーヒー用の袋を製造販売している幣社にとっても追い風になれば・・・と今年のコーヒー業界には少し期待しております。
関連記事
遅ればせながら。。。ブログはじめました
コーヒー袋(主にバルブ付)をお客様へ提供し続けて日々邁進しています。

仕事のお話だけでなく、

コーヒーに関わる情報をアップしていけたらと思ってます。

宜しくお願いいします。
関連記事