コーヒー袋にゆめいっぱいつめこんで
コーヒー袋の製造販売に精魂こめて毎日邁進し続けてます
コーヒー袋のデザインについて
 例えばドリップバッグの外袋のデザインの場合、焙煎業者(珈琲メーカー)の方々の多くは、外袋の表側に珈琲の写真(カップにドリップバッグが引っ掛かっている状態等の写真、あるいはデザイン)を印刷することを強く希望する。
 気持は分かります。外袋はアルミ蒸着で中身が見えないので商品のイメージをお客さんに伝えたいのでしょう。
 しかし、そのようなデザインは本当にお客さんが望んでいるのだろうか? 幣社では洋菓子店やパン屋さんにドリップバッグの仲介販売もしている。その際に外袋はどのようなデザインが希望なのか聞くことがあるのですが、珈琲の写真は無い方が良い、あるいは小さく表示するのみで良いという方がほとんどで、もっとリラックス感があって柔らかい感じのデザインが良いと言われることが圧倒的に多い。
 私が営業しているのは主に洋菓子店、パン屋さんでありそれぞれの立場によって希望するデザインは異なるのだろうとは思いますが、販売先によってもう少しデザインを考える余地はあるのではないかと感じる今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト
コーヒー袋の規格品
 そろそろ新しいコーヒー袋の規格品を追加しようと考えております。チャック付き三方袋(透明底入れタイプ)を候補に考えております。チャックが付いて保存機能が高いこと、メール便用として使用できること等メリットがあります。とりあえず200g用のコーヒー袋を今年の冬までに製造する方向で動いております。材質、寸法等はこれから熟考して決めていく予定です。多くの方に使用してほしいので要望等あれば気軽に連絡下さい。
関連記事