コーヒー袋にゆめいっぱいつめこんで
コーヒー袋の製造販売に精魂こめて毎日邁進し続けてます
差別化といいますが・・・
 自家焙煎のお店に行って毎回思うことですが、商品の差別化がイマイチできていないような気がします。どこのお店へ行っても見たことのある器具、フィルターばかりです。商品のメインは当然コーヒーなのですが見た目は同じなので視覚的にアピールすることが難しいからなのでしょうか・・。
 「差別化」しなければいけないのは弊社も同じことで他のメーカーと同じことをしていては勝ち残れませんので他人事ではありません。いち早くはじめたバルブ加工も今ではそんな珍しいことではありませんし・・・。次の一手を考えている最中です。割に合わないので気乗りしなかった「小ロット対応」にシフトしていくべきなのか・・・
 
関連記事
スポンサーサイト