コーヒー袋にゆめいっぱいつめこんで
コーヒー袋の製造販売に精魂こめて毎日邁進し続けてます
コーヒー袋のデザインについて
 例えばドリップバッグの外袋のデザインの場合、焙煎業者(珈琲メーカー)の方々の多くは、外袋の表側に珈琲の写真(カップにドリップバッグが引っ掛かっている状態等の写真、あるいはデザイン)を印刷することを強く希望する。
 気持は分かります。外袋はアルミ蒸着で中身が見えないので商品のイメージをお客さんに伝えたいのでしょう。
 しかし、そのようなデザインは本当にお客さんが望んでいるのだろうか? 幣社では洋菓子店やパン屋さんにドリップバッグの仲介販売もしている。その際に外袋はどのようなデザインが希望なのか聞くことがあるのですが、珈琲の写真は無い方が良い、あるいは小さく表示するのみで良いという方がほとんどで、もっとリラックス感があって柔らかい感じのデザインが良いと言われることが圧倒的に多い。
 私が営業しているのは主に洋菓子店、パン屋さんでありそれぞれの立場によって希望するデザインは異なるのだろうとは思いますが、販売先によってもう少しデザインを考える余地はあるのではないかと感じる今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumegacom.blog.fc2.com/tb.php/24-9e2cfc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)