コーヒー袋にゆめいっぱいつめこんで
コーヒー袋の製造販売に精魂こめて毎日邁進し続けてます
後編
 つまり、珈琲という商品はまだまだ認知度が低く正しい保管方法も知らない人が圧倒的に多いのだと思います。缶に保管したり、ポリ袋に保管したり、クラフト袋に保管したり様々です。認知度が増すにつれてクレームが増え、徐々に保管方法も収束されていきます。
 私個人的にはクラフト袋は収束していく過程で除外されていくと考えております。その証拠に経験豊かな大手珈琲メーカーはクラフト袋を使用しておりませんから。
 ただ・・・おしゃれ感を優先した店頭販売の珈琲屋さんでは使用され続けるのかなって感じはします。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumegacom.blog.fc2.com/tb.php/74-5ee1b839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)