コーヒー袋にゆめいっぱいつめこんで
コーヒー袋の製造販売に精魂こめて毎日邁進し続けてます
営業日記 コーヒー袋(バルブ付)の巻
 飛び込み営業は恐ろしく効率が悪い。ガソリン代、人件費等考えると全く割に合わない。よって基本的には代表者である私自身が空いた時間を利用して行っている。では恐ろしく効率の悪いことを何故行うのか?
効率とは単位時間当たりの売上(利益)と考えた場合、飛び込みで営業に行ってもすぐに決まることは限りなく0に近く、例え1カ月の殆んどを飛び込み営業で費やしても売上につながることは少なく効果として目に見え難いのである。飛び込み営業に費やした時間と売上は比例しないのである。
 それでも私は飛び込み営業を続ける。飛び込み営業とは「点」を付けるようなものだ。なるべく濃い「点」を数多く付けていく作業だ。最初は薄く頼りない「点」でも、やがて濃い「点」となり、「点」と「点」が繋がりやがて「線」となり図形となり形になっていく。「点」を多く付ければ付ける程偶然が起こる確率が高まり偶然が必然となるのである。飛び込み営業に費やした時間と売上は反比例するのである。
 多くの営業マンは「点」を「点」のままで終わらせてしまう。あとひとふんばりで「線」となるのに・・・。
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumegacom.blog.fc2.com/tb.php/8-5e15271e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)